関節痛に効果的な成分の特徴

関節痛になってしまうと、気分まで落ち込んでしまうものですね。ただ、本格的な治療を行う前に、有効成分を摂取すれば痛みを軽減することができます。今回は、関節痛を和らげる成分をご紹介します。

■よく知られているコラーゲンやヒアルロン酸

コラーゲンやヒアルロン酸は、化粧品としても多く配合されています。これらの成分は、肌の水分を保つ役割を持っていますが、関節痛の痛みを軽減するときにも効果的です。

 
まず、コラーゲンは、日々すり減っていく軟骨を強化してくれる役割を持っています。年を重ねることで、関節に存在している軟骨は薄くなり痛みを感じやすくなります。このときコラーゲンを摂取しておけば、すり減り具合も軽減され、痛みを抑えることができるのです。

 
また、ヒアルロン酸も関節の動きをスムーズにしてくれたり、炎症を軽減してくれる効果を持っています。ヒアルロン酸は、軟骨同士の摩擦を抑える潤滑油の役割を担っているので、積極的に摂取することにより痛みのない状態を維持することができるでしょう。

■グルコサミンは軟骨を再生する

グルコサミンを含んだ商品は、関節痛に効果的だと言われています。
実際に、グルコサミンには軟骨を再生させる能力も備わっており、軟骨がすり減ってしまった悩みを抱えている人にとって最適な成分になっているのです。

 
まず、グルコサミンはムコ多糖類を増やしてくれる効果が存在しています。ムコ多糖類は軟骨の原料となっている物質になるため、グルコサミンを摂取していくことで、自然に関節痛を改善できる体に改善することができます。

 
また、軟骨が弱くなっている人も、それ以上の悪化を防止しやすくなるため、将来的な関節痛の症状が気になる人も予防的に飲んでみるのがおすすめです。

■コンドロイチンとグルコサミンはセットで

グルコサミンは、単体で摂取しても効果を発揮してきます。ただ、より高い効果を期待したい人は、コンドロイチンと一緒に摂取してみるとよいでしょう。

 
コンドロイチンは軟骨の水分量を増やしてくれる効果があり、柔軟性を向上させることが可能です。関節痛は軟骨がすり減るとともに、その柔軟性が低下することで起こりやすくなってきます。

 

グルコサミンとコンドロイチンをセットで摂取しておけば、軟骨の再生を促すとともに柔軟性のある軟骨に改善しやすくなるのです。
この二つの成分を摂取することにより、痛みを改善し毎日を元気に生活を送ることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です