覚えておこう!筋肉痛のメカニズムと改善方法

激しい運動をして筋肉痛になってしまったという経験は誰にでもあると言えますが、どのようなメカニズムで筋肉痛になるのか、その改善方法をきちんと理解していない人も少なくありません。ここでは筋肉痛のメカニズムと改善方法を紹介していきます。

・筋肉痛のメカニズム

運動後の筋肉痛は痛みが出るのが数時間から2日程経過してからなので遅発性筋肉痛とも言われます。ハードな運動をすることで筋肉に負荷がかかり筋線維がダメージを受けてしまいます。ですが筋線維は痛覚がなく痛みは感じません。

 

ですが筋線維がダメージを受けると炎症が起こります。さらに炎症を起こした筋線維の組織を除去する為に白血球が集まり発痛物質が発生することで痛みが出るのです。さらに発痛物質により筋膜の痛覚を刺激さてるので痛みを感じ、筋線維の腫れが生じます。

 

つまり白血球が放出する発痛物質により痛みが発生するので筋肉痛になるまでにタイムラグがあると言えます。

・筋肉痛の改善方法

筋肉痛の痛みを緩和させる為には筋線維のダメージの回復、痛みの原因と言える発痛物質を散らすことが重要となります。そして筋線維のダメージを回復させるには筋線維を新しく作る必要があり、それをサポートしてくれるのが栄養分と酸素と言えます。

 

栄養分、酸素を筋線維に運んでくれるのが血液なので筋線維のダメージを回復する為には血行を良くしたらいいのです。さらに血行促進すると発痛物質を患部より散らす事が出来るから筋肉痛の痛みも軽くなります。

 

血行を良くする具体的な方法としてはゆっくりと入浴してマッサージをしたり、ストレッチを行なう事です。それとしっかりと睡眠を取ることも大切です。また栄養をきちんと摂取することも重要で、特にタンパク質は筋肉の素となる栄養素だから筋肉痛の時には意識して魚、肉、大豆、卵、乳製品といったタンパク質を多く含む食品を食べる様にしましょう。

 

さらにビタミンC、ビタミンEの栄養素には血行促進する働きがあるので筋肉痛のダメージ修復する効果が期待出来ます。ビタミンC、ビタミンEを多く含む食品としては果物、野菜、ナッツ、植物オイルを挙げることが出来ます。他にも医薬品を使用して筋肉痛を和らげる方法もあり冷却シップ、非ステロイド系消炎鎮痛剤を使用するといいでしょう。

 

また筋肉痛の予防法は運動をする前にストレッチをしっかりとすることが基本と言えます。あと湿布といった医薬品を事前に貼っておく事も効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です