関節痛について

関節が痛いという症状がでた場合には痛みの原因は関節の周りにあると考えられてしまいますが、節々が痛いという訴えがあるように関節痛はインフルエンザなどの感染症の症状の一つでもあります。

 

関節痛といっても原因などは様々あるのです。関節痛とは、炎症や外傷などが引き金となり、膝や肘といった関節部に痛みがあることがあります。例えばインフルエンザや交通事故などです。

 

またスポーツをすることによって、関節が障害されたりもするし、関節痛には若い人から高齢の方々までどの年代でも発症する可能性があるのです。

「1.関節痛の原因について」

関節痛の中で1番多いのは関節の老化ともいえる、変形性関節症になります。関節は軟骨がクッションとなってスムーズに動くようにできています。その軟骨が加齢とともにだんだんと、もろくなっていき欠けたりすり減ったりして周囲に炎症を起こしてしまいます。

 

また、変形性関節症と並ぶ関節痛のひとつがリウマチになります。同じように関節痛を伴いますが違いがあります。その違いとは原因が自己免疫疾患という点です。次にスポーツをしていて関節痛を起こしたりします。

 

スポーツをする時には膝には大きな負担がかかります。歩く時には体重の2~3倍、走る時には5~10倍の負担がかかります。足首の捻挫や肘の脱臼なども関節痛の原因となったりもするようです。

 

中には自立神経からくる関節痛もあるようです。ストレスを受けて緊張状態になり、交感神経が優位になり筋肉がとてもかたくなります。血管も細くなり流れが悪くなります。

 

血液中の酸素が筋肉へあまりいき渡らなくなり、血液が巡ってこないためさらに筋肉緊張状態となり収縮して関節痛が起こってしまうのです。ストレスの多い生活を送っていると交感神経ばかりが働いてしまい、慢性的に筋肉がかたくなり、血流が悪くなるためです。

「2.関節痛の薬について」

関節の痛みを緩和させる薬には内服薬と、外用消炎鎮痛があります。薬は関節痛の症状に合わせて飲んだりすることが必要になります。関節の痛みがとても我慢できそうもなかったり、高熱があったりする場合には、インフルエンザや関節リウマチ、感染性関節炎などが疑われたりします。

 

そのような場合は、なるべく早く病院を受診するようにしましょう。患部が腫れている場合には、湿布を貼るなども効果はあります。炎症を抑えて痛みを和らげてくれるのです。冷感と温感タイプがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です